ビジネス電話の基本マナー

ビジネスでのお詫びの流れ!相手に誠意が伝わる言葉の選び方【例文あり】

投稿日:

仕事をしていると、やむを得ずお詫びをしなければならない場合もあります。

どうしても都合がつかないので、打ち合わせの日程を変更してほしい、予期せぬトラブルが起こり、納期が遅れてしまう・・・など、ビジネスシーンでは予定通りに進まないことがたくさんあります。

そのようなとき、どのようにお詫びしたらよいのでしょうか。

ビジネスシーンでお詫びをするコツは、すぐに連絡すること

お詫びしなければならない事態が発生したら、とても気分が重くなりますね。

その内容が重いほど、連絡するのに躊躇してしまい、時間がどんどん過ぎていってしまうことはないでしょうか。

少しでも誠意を示すために、スピードは大事です。お詫びする事態が起こったら、すぐに連絡をするようにしましょう。

もちろんタイミングは重要です!


【ビジネス電話のかけ方】これで悩まない!電話をかけるタイミングと事前準備

電話をかけるときには、かける前から相手に対する配慮や準備が必要になります。 電話を受ける相手は、電話がかかってきたら、やっていることを中断しなければなりません。 相手の顔も状況も見えないのが電話ですの ...

謝るときの誠意の伝わり方

謝る側の気もちとしては、許してほしい、悪意はなく、やむを得ない事情だから分かってほしいと思うものです。

無意識のうちに自分を弁護しながらの謝罪になってしまうと、相手には言い訳のように聞こえてしまい、誠意がないと思われてしまいます。

謝罪を受ける側は、やむを得ない事情であったとしても、気持ちは良くないものです。

そのため、誠意を持って謝ってもらっていると感じられないと、さらに不快な気持ちになってしまいます。

そうなると、自分はお詫びしているつもりでも、相手を怒らせてしまい、事態をうまくおさめることが難しくなってしまいます。

お詫びは言葉の使い方がポイント


クレームの謝罪どうする?むやみやたらに謝ってはダメな理由と対処法

クレーム電話に対してお詫びをするのは基本中の基本です。 クレーム電話の相手が納得するまでお話ししてもらい共感するということが基本ですが、お客様に共感する以前の問題として、まずは謝罪することが一番最初に ...

謝罪の流れ

相手の信頼を失わないためには、どのようにお詫びするのがよいか、ポイントを押さえておきましょう。

step
1
お詫びの言葉

まず、最初にお詫びの言葉を言うことで、誠意を伝えます。ここでしっかり誠意を伝えられないと、相手の心証が悪くなり、その後の展開も難しくなります。

step
2
理由を述べる

事実と理由をはっきり伝えます。どうしてこうなったかということを、あまり長々と説明すると、言い訳のように聞こえてしまいますので、気を付けましょう。また、弁解したくなる気持ちは押さえて、誠実に理由を伝えましょう。

step
3
対応策を伝える

お詫びをするだけでは解決にはなりません。対応策が肝心です。納期に遅れそうであれば、どのような方法で、いつ納品できるのかを伝えます。また、今後同じことが起きないよう、再発防止の対策も伝えましょう。

step
4
お詫びの言葉で締める

最後にもう一度お詫びの言葉を述べ、誠意を伝えます。

事態の対応や解決策が大事ですが、相手が自分は大切にされていると思えないと、さらなる不満につながってしまいます。

最後まで心を込めてお詫びをし、信頼を回復できるようにしましょう。

お詫びの会話例

それでは、お詫びをする際の会話例をみてみましょう。

依頼内容の変更に対するお詫び

例文

「こちらからお願いしておきながら誠に恐縮ですが、明日の午後2時に伺うお約束を3時に変更していただくことはできませんでしょうか。実は急な用件が入ってしまいまして・・・誠に申し訳ございません」

トラブルに対するお詫び

例文

「このたびは誠に申し訳ございません。○○さんとのお仕事で、ご迷惑をおかけしてしまい、恐縮しております。今後の対応策ですが・・・(対応策と、今回の問題に至った経緯を説明)。慎重に進めてきたつもりが、このようなことになってしまい、大変申し訳ございませんでした」

お詫びで使用するフレーズ

お詫びをする事態になったときは、緊張や焦りがあります。

丁寧にお詫びの気持ちを伝えるためにも、お詫びの言葉を覚えておくとよいでしょう。

例文

「ご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます」
「ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません」
「こちらの不行き届きでございまして、大変失礼いたしました」
「このたびはお騒がせしてしまい、大変申し訳ございませんでした」
「せっかくお時間をつくっていただきながら、誠に申し訳ございません」
「私の不注意でご迷惑をおかけしたことを、お詫びいたします」
「お手数をおかけしてしまい、お詫びの言葉もございません」
「このようなことは、あってはならないことでした」
「勉強不足で申し訳ございません」
「今後は不手際がないよう注意いたします」
「弁解の余地もございません」

まとめ

お詫びをする際には、相手を不快にさせないことが大事です。

言い訳したくなる気持ちは押さえ、誠意をもってお詫びをしましょう。

対応の仕方が悪ければ、取り引きがなくなってしまうこともあるかもしれません。

けれどもピンチはチャンスと言うように、今後の対応策もしっかり伝えながら誠実な対応をすることで、信頼を回復することができれば、いっそう関係が強くなる可能性もあります。

逃げ腰になって躊躇せず、反省と誠意を相手にしっかり伝えましょう。

よく一緒に読まれてる記事は?


【ビジネス電話の訂正】言い忘れや言い間違えは迅速なフォローが大事

仕事をしていて、取り引き先や、社内の人に電話やメールで「伝える」ということは多いと思います。相手に伝えるというのは、思っているよりも気を配る必要があります。 相手が自分と同じように、これまでの経緯や背 ...

印象が良くなるクッション言葉!電話が鳴るたびにビクビクしない効果的な使い方

間違ったことは言っていないのに、どうして受け入れてもらえないんだろう。まじめにやっているのに、どうしてうまくいかないんだろう・・・と思ったことはありませんか? 仕事をする上で、周りの人とうまくいくため ...

-ビジネス電話の基本マナー

Copyright© [ビジザル] , 2019 All Rights Reserved.