ビジネス用語

「ディテール」の本質とは?「詳細」だけではカバーできない意味がある!

ディテールとはどんな意味でしょうか。おそらく、大半の方が問題なく答えられるはずです。

しかし業界によって意味や用法が異なる点や、類語・反対語までカバーしている方は多くないでしょう。

そこでディテールについて、一般より詳しいレベルで解説していきます。

ディテールの意味は業界ごとに違う?6つのシーンでチェック

ディテールは業界によって意味合いが異なります。

代表的なシーンを6つ紹介し、それぞれ解説します。

ビジネス業界の「ディテール」

広く知られているのが、ビジネス業界におけるディテールの用法です。

ビジネス業界でディテールという場合、主に企画や提案といった大きな物事の詳細部分を指します。

ビジネスシーンでは物事を伝えるやり取りをする際、結論から述べるのが定石です。

最初に結論を述べ、早い段階で相手に話の方向性を理解してもらうわけですね。

そして体勢を整えたところで、理由や根拠、もしくは段取りやスケジュールといった詳細部分を煮詰めていくのです。

アパレル・ファッション業界の「ディテール」

アパレル・ファッション業界におけるディテールは、主にデザインにおける細部の造り込みを指します。

シルエットや配色といった全体像に対し、目に付きづらい部位こそディテールのアピールポイントと考えられています。

つまり目立たない部位であっても手抜きせずに造り込むことで、作品全体のクオリティを支える作用があるということです。

建築業界の「ディテール」

建築業界のディテールは主に建築様式の細かな部分や、内装・インテリアなどといった内部の詳細を指します。

なお、より業界専門的な用法として、建物の設計図を指す場合もあります。

具体的には部屋ごとの設計図や、備え付けの家具に関する配置・構造などを網羅した図面もディテールと呼んでいます。

設計図に関する用法はあまり浸透していません。しかし、ディテールという題材を取り上げる際には欠かせないポイントの一つです。

エンタメ業界の「ディテール」

エンターテイメント、いわゆるエンタメの業界でもディテールは使われます。

エンタメ業界のディテールで包括的に当てはまるものとしては、次のようなものがあります。

表現の繊細さ、丁寧さ

読み物や音楽、お笑いなどによく当てはまります。

勢いだけで大雑把に展開を引っ張るのではなく、一つずつ丁寧に表現していくイメージといえるでしょう。

お笑いであれば単なるどつき漫才ではなく、前フリとオチ、あるいはボケとツッコミなどがきちんと成立しているものが当てはまります。

質感の表現力

映画やアニメ、ゲームなどの映像作品によく当てはまります。

ただし質感といっても、必ずしも写実的であることを指すわけではありません。

例えば岩のような自然物でも、光の当て方やカメラアングルひとつで受ける印象が変わりますよね。

すなわち、表現方法が魅力的かどうかともいえるでしょう。

写真や芸術業界の「ディテール」

写真や芸術業界のディテールは、主に作品全体における細部を指します。

構成要素としては小さなパーツに相当しますが、ディテールに力を注いでこそ作品全体のクオリティが向上するという考え方もあります。

デザインやファッションと同様、創作活動における哲学的な志向が多分に入り込むのも特徴といえるでしょう。

医薬業界の「ディテール」

医薬・製薬業界のディテールとは、医薬品に関する詳細情報のことです。

また医薬情報担当者(MR)が医師・薬剤師に対して医薬品の個別説明を行うことを、ディテーリングといいます。

一般的な「全体に対する細部や詳細」という意味ではなく、医薬の専門用語として使われる点に注意しましょう。

ディテールの英語の意味とは?語源や由来をチェック

一般的な用例や業界ごとの使い方はOKですね。

次に、ディテールの由来である英語に遡ってみましょう。

ディテールの由来は英語の「Detail」

カタカナ語のディテールは英単語“Detail”に由来します。

語源は古フランス語で、細かく裁断する・みじん切りにするという様に遡ります。

切るという部分よりも、細かく・細かいというニュアンスを抽出して英語化されたことがわかりますね。

注意!「細部」=「小さい」ではない

ディテールを和訳する際に細部と表現すると、小さいという意味であるかのように誤解しがちです。

もちろん、全体における構成比率として小さいという場合は存在します。

例えば洋服のデザインにおける、ワンポイントのディテールなどは構成比率として小さいといえます。

ただしディテールの本質は、外郭に対する内容に近いのです。イメージとしては建造物における内部の構造と考えればよいでしょう。

よって、ティテールに対する和訳の細部とは「内容を構成するもの」と理解するべきだということです。

つまり「小さい」とイコールではありませんよね。

「ディテール」と「ディティール」 どちらが正しい?

“Detail”のカタカナ語としては、ディテールの他にディティールという言い方もあります。

少し前まではどちらも使われていたようですが、現在はディテールという言い方がより多く見られます。

もちろん言い方の問題だけなのでどちらかが正しく、もう一方は間違いというものではありません。

参考までに、英語に一番近いカタカナ読みは「ディーテイル」です。

本来、最初の「ィ」の部分にアクセントを置くからです。つまりディテールともディティールとも異なります。

ディテールの発音や読み方の話題になった時、戸惑わずに対応できるようにしておきましょう。

クリエイティブな現場で使用!?ディテールの使い方と例文

ディテールは創作活動の上で必須の概念であり、言葉です。クリエイティブな仕事の現場では多用されています。

そこで応用編として、ディテールと組み合わせたフレーズを数点紹介します。例文と併せてチェックしてみましょう。

ディテールが細かい

ディテールが細かいとは、詳細部分まで仕事が行き届いているというニュアンスです。

ディテールという言葉自体に細かいという意味があるため、本来であれば二重表現といえます。

ただし現状として、ディテールが細かいという言い回しは慣用的に許容されているようです。

一昔前でいえば、芸が細かいという表現とほぼ同じ意味合いといえるでしょう。

例文

いつもながら彼のサウンドプロダクションはディテールが細かい。多くのミュージシャンがシンセサイザーで済ませるようなバッキングの音を、全て生演奏で録音しているのだ。

ディテールが荒い(粗い)

ディテールが荒いとは、細部に十分手が入っておらず造りが大雑把であることを指します。

ディテールが粗いという言い方もありますが、同じ意味です。

表面上は問題なさそうでも、少し詳細をチェックすると途端にボロが出るような様を表すと考えればよいでしょう。

例文

彼は作業の手が早く、一見すると高水準の彫刻を仕上げているように見える。しかしよく見ると、所々に手抜きがあることがわかる。残念ながらディテールが荒いと言わざるを得ない。

ディテールにこだわる

ディテールにこだわるとは、全体に対して詳細の部分に注力するということです。

建物の外観や骨組みに対して、内部のインテリアや家具の配置にこだわるようなイメージが近いでしょう。

例文

人気デザイナーX氏のシャツはシンプルな外観でありながら、ディテールにこだわっていることで有名だ。
今季の新作は肩が動かしやすいように工夫されていて機能的だし、ボタンも貝素材で高級感抜群。さりげない所でセンスを見せる仕事ぶりである。

ディテールが知りたい

ティテールが知りたいとは、目的や結論などの大筋を理解した上で、詳細な内容を知りたいということです。

例文

商品企画のコンセプト、達成目標については了承しました。あとはディテールの肉付けが必要だね。

ディティールが美しい

ディテールが美しいとは、主としてデザインに関する賛辞の言葉です。

例えば美術品・工芸品を評論する状況を想定するとよいでしょう。

全体的な造形ではなく、特に細部の意匠を称賛したい場合にはティテールが美しいという表現が適切です。

例文

日本人のものづくりは高品質で、世界的にも評価されている。いわゆるアートの分野に限らず、日用品においてもディテールが美しい品は沢山ある。

ディテールの類語や日本語の言い換えとは?

続いて、ディテールの類語や日本語での言い換え表現を紹介します。

委細

委細とは細かく詳しい様を指します。すなわち詳細に近い意味といえるでしょう。

なお委細承知というフレーズがあるように、委細には事情や内情という意味合いもあります。

つまり、仔細に近い性質を併せ持つ点も特徴です。

眼目・焦点・ポイント

眼目・焦点・ポイントとは、主として着眼点やフォーカスすべき事項といったニュアンスを持ちます。

眼目とは、物事の最重要項目といった意味です。焦点は注視したり、注力したりする対象の点です。ポイントとは要点のことです。

ディテールの対義語や反対語とは?

最後にディテールの対義語や反対語をチェックしましょう。代表的なものを3つ紹介します。

シンプル

シンプルとは、簡素で明快であるということです。

シンプルは本来、複雑の対義語です。しかしディテールには手が込んでいるという意味もあります。

よってディテールの反対語として位置づけてもよいでしょう。

ルーズ・ラフ

ルーズやラフも、ディテールとは相反する言葉です。

ディテールには細かい・精緻という意味があります。

真逆の意味を考えると緩い、もしくは荒い(粗い)といった表現が当てはまります。

緩い・荒いをカタカナ語にすれば、ルーズ・ラフという言葉が思い浮かびますよね。

アウトライン・サマリー

アウトラインやサマリーは概要や要約という意味です。主に戦略や企画などを説明する際に使われます。

アウトラインやサマリーはいわば外郭に相当します。片やディテールは内容、すなわちコンテンツに相当します。

ディテールには、詳細以外に内容という意味もあります。

内容というニュアンスを示す好例といえるでしょう。

まとめ

ディテールは日本語の詳細とイコールであるものと思われがちです。

一部の意味では正解ですが、やはり完全には一致しません。

建造物の内外という例で述べた通り、ディテールの本質は外郭に対する内部の造り込みという点です。

つまり、ただ単に「詳細」と和訳するだけでは英語本来のニュアンスを網羅しきれないのです。

完全に一致する和訳がないという点は、ディテールを語る上でどうしても外せないポイントです。

-ビジネス用語

Copyright© [ビジザル] , 2020 All Rights Reserved.