ビジネス用語

「お構いなく」と声をかけるべき場面とは?意味や使い方、外国語表現も紹介!

オフィスもしくは自宅で、来客をもてなそうとした際に「お構いなく」といわれれたことはありませんか。受け入れ側がお茶やお菓子などを用意しようと立ち上がった際、客が気配を察して声がけするケースが多いでしょう。

日本には遠慮や気遣いにおいて独特の文化があります。「お構いなく」といっても本当に遠慮する場合もあれば、本音の部分ではもてなしを期待している場合もあるのです。

以上を踏まえ、「お構いなく」の意味や使い方だけでなく、言い換え表現や英語表現なども紹介していきます。「お構いなく」を単なる社交辞令の言葉と捉えるのでなく、礼節を弁えた対応をするためのキーワードとして使いこなせるようにしましょう。

「お構いなく」の意味をチェック!

「お構いなく」はいわば、慣用フレーズの1つ。取り立てて意味を確認する機会は少ないかもしれません。

「お構いなく」とは一体どんな意味を持った言葉なのでしょうか。単語レベルからチェックしてみましょう。

「構う」と「ない」の意味が合わさった言葉

「お構いなく」の原型は「構わないように」「構わずに」といった語句が当てはまるでしょう。「構わない」は、動詞「構う」と助動詞「ない」が組み合わさったフレーズです。

「構う」とは、「相手にする」「積極的に関与する」ということ。自発的に意識し、気にかけるというニュアンスがあります。「ない」とは、否定や有無の「無」を表す語句。

以上を踏まえると「構わない」とは、「相手にしない」「気にしない」という意味を表すことがわかりますね。
「お構いなく」も理屈は同じ。「お構いなく」とは、相手に対して「自分を構う必要はありませんよ」という意志を伝えるメッセージなのです。

素っ気ない言い回しとみなされる場合も

「お構いなく」は一般的に、遠慮や気遣いを表す言い回しだと考えられていますよね。一方で、「構わないでほしい」「放っておいてほしい」という素っ気ないニュアンスで使われる場合もあります。

口頭での対話であれば、相手の口調や声のトーンを手がかりに判別しやすいでしょう。一方メールなど文章によるやり取りの場合、文脈によっては自分への気遣いとして遠慮しているのか、それとも本当に拒否しているのかわかりづらいケースがあるものです。

相手の投げかけに対し、素っ気ない返事の仕方として「お構いなく」を選ぶ用例もあることを覚えておきましょう。特に文章の場合は要注意ですね。

「お構いなく」の使い方と注意点は?

「お構いなく」には複数のニュアンスがあると述べましたが、他にも注意点があります。まずは「お構いなく」の基本的な使い方を理解した上で、追って細かい注意点にも目を向けましょう。

基本的な使い方

「お構いなく」の基本的な使い方は、相手のもてなしや厚意に対して遠慮の意を表すこと。

相手の気遣いに対する感謝を表すだけでなく、一種の社交辞令的な決まり文句として使う場合もあります。形式上は一旦遠慮するものの、実際のところはもてなしや厚意をしっかり享受するというわけです。

具体的な場面をイメージする方がわかりやすいので、次の項を手がかりに考えてみましょう。

どんなことに対して「お構いなく」なのか?

「お構いなく」を使うケースとしては、例えばオフィス訪問時にお茶を淹れてもらったり、あるいは別れ際に心づけや餞別を渡されたりといった場面を思い浮かべるとよいでしょう。

すなわち相手は自分のために心を砕き、サービスしてくれようとしているわけですね。「お構いなく」とは、相手が自分のために何か特別なことをしようとすることに対して発する感謝の言葉なのです。

茶道を引き合いに出すならば、自分のために淹れてもらったお茶そのものよりも、相手の厚意・気遣いに対して思いを馳せる必要があるといえるでしょう。

「お構いしないでください」は誤った表現!

ごく稀に「お構いなく」ではなく、「お構いしないでください」という誤用例が見られます。「お構いしないでください」文法上誤りである上に、敬語表現としてもアウトです。

仮に否定表現の「お構いしないでください」が正だとしても、反対の意味で「お構いしてください」という表現は存在するでしょうか。答えはNOで、そもそも「お構いする」「お構いしない」という表現自体が存在しないのです。従って「お構いしないでください」という表現も、文法上あり得ないことがおわかりでしょう。

上記を踏まえ、「お構いなく」を敬語で表す場合も「する・しない」という意味を含んだ表現はできなせん。「構う」という語句にこだわらず、ニュアンスを変えずに別の言葉で言い換えるのが妥当でしょう。

「お構いなく」を敬語で表す要領については後述します。

「お構いなく」を目上の相手に使う場合は言い換えと敬語表現で!

「お構いなく」は比較的丁寧なフレーズであるものの、目上の相手に対して使うには相応しくありません。原型を残したまま敬語表現にしようにも、適切な言い回しは浮かびづらいでしょう。

困ったときには発想を切り替えるべきで、「お構いなく」のニュアンスを取り入れつつ、別のフレーズに言い換える方法が有効です。単に言い換えるだけでなく、目上の相手に対する敬意を表現すべき点にも注意しましょう。

「お気遣いなく」

「お構いなく」の言い換え表現として相応しいのが、「お気遣いなく」というフレーズです。「構う」の本質は相手を気遣うこと。気遣いが不要である旨を相手に伝えるには、「お気遣いなく」と伝えればよいわけです。

お心遣い・お気遣いの違い

「お心遣い」と「お気遣い」の意味合いには大きな違いがありません。両者のわずかな違いは、使われる場面や度合いの大小に表れます。

例えば「お気遣いなく」という言い方はあっても、「お心遣いなく」という表現はありません。言葉の良し悪しではなく、慣用的な理由によるものですね。

相手の配慮に感謝する場合に使う際にも、少しの違いがあることに気づくでしょう。身内同士で交わされる親切、気配りは「気遣い」に当たります。

一方、取引先など外部の相手から受ける親切や配慮は「心遣い」です。すなわち外部の相手から受ける親切・配慮の方が度合いが大きく、重みがあるというわけですね。

対外的にお礼を言うシーンを思い浮かべてもわかりやすいでしょう。「お気遣い感謝いたします」でも決して失礼ではありませんが、「お心遣い感謝いたします」という方がより丁寧でフォーマルな表現といえます。

細かい部分ですが、「お心遣い」と「お気遣い」には若干の違いがあることを覚えておきましょう。

より丁寧な敬語表現「お気遣いなさらず」

目上の相手に対して「お構いなく」というのは失礼に当たります。実は言い換え表現の「お気遣いなく」でも、敬意の表し方として十分とはいえません。

ベストな言い回しとしては「お気遣いなさらず」が挙げられます。すなわち「気遣いする」という、する・しないの形で活用可能な動詞に言い換えて対応するのです。

「気遣いする」をベースに、相手を主体とした尊敬表現にすれば「お気遣いなさらず」のフレーズが完成します。順を追って理解していけば、言い換えや敬語表現も決して難しくありません。

「お構いなく」の類語や言い換え表現を紹介!

「お構いなく」の類語や言い換え表現は、「お気遣いなく」や「お気遣いなさらず」の他にもあります。代表的な2つのフレーズを紹介しましょう。

「お気になさらず」

「お気になさらず」とは心配してもらう必要はない、という意思を表す言葉。原型は「気にする」という動詞です。

相手が主体の場合に「気にする」必要はない旨を敬語表現すると、「お気になさらず」という言い回しになります。「お気遣いなさらず」とよく似た文章構造の言い回しですね。

「結構です」

「結構です」とは、提案や申し出を断る言い方の一つ。例えば同じ丁寧語でも「要りません」「お断りします」では拒絶のニュアンスが強く、場合によっては印象が悪くなってしまう恐れがあります。

「結構です」と言い換えれば、やんわりと拒否する意思を表すことができるでしょう。「結構です、お気遣いありがとうございます」などの要領でフレーズを組み合わせると、より好印象につながります。

「お構いなく」が相応しいシーンは?

「お構いなく」は相手あっての言葉。対人の場面で使うことが前提です。どのような場面で使うのか、具体的な例を考えてみましょう。

お茶を出してもらう場合

オフィスで面談や打ち合わせを行う際、お茶を出されることは多いですよね。一般的なマナーとして、既に淹れられたお茶を断るわけにはいかないもの。

一方、相手側がお茶を用意しようとする気配を察したタイミングで、「お構いなく」と一声かけてお茶をお断りする分には構わないでしょう。

相手を訪ねて受けるおもてなし

相手のオフィスや住居を訪ねた際、お茶の他にも種々のおもてなしを受ける場合がありますよね。定番である飲食物の他、土産物や贈答品、あるいは無形のサービスを提供されるケースなども考えられます。

お茶の例と同様、一般的には相手のおもてなしを無下にするべきではありません。特に手間暇のかかったものなら尚更ですね。一方おもてなしの内容が軽く、断っても支障がないようであれば「お構いなく」と声をかけ、遠慮してもよいでしょう。

外国語で「お構いなく」を表現してみよう

最後に「お構いなく」を外国語で表現する要領を紹介して、記事を締めくくります。

英語の場合

・“Please don't worry.”
(お気遣いは不要です)

・“No, thank you.”
(ありがとう、結構ですよ)

中国語の場合

・不要介意。
(気にしないで)

・別介意。
(気にしないで)

-ビジネス用語

© 2021 [ビジザル]