身だしなみ

【スーツの手入れ方法】一人暮らしでもできるブラシを使った基本ケア

更新日:

購入した時にはキリッとして、明らかに精悍に見えるスーツも、日数が経てばシワやテカリなども多くなり、あまり格好の良いものではなくなることがあります。

しかし、次々に買い換えるという値段のものではありませんから、なるべく長い期間ビシッとした状態で着たいと思うのは当然です。

それを実現するには、毎日のケアがキーポイントになります。

多少の手間はかかりますが、それほど大変というわけではありません。

基本的には、ローテーションしながら着ることとブラッシングなどに気を使えばずいぶんと違います。

日々のスーツケアを学んで、いつもビシッとしたスーツでお仕事しましょう。

スーツの手入れの基本

スーツの手入れの基本をお伝えしますので参考にしてください。

ポケットから中身を出してハンガーに掛ける

仕事をから帰宅しスーツを脱いだならば、まずはポケットの中身を全部出してください。ポケットにいろいろなものが入ったままハンガーに掛けると、ポケットの形が崩れてしまいます。

ポケットの中身を出したらハンガーに掛けます。

そのハンガーですが、これが意外に重要です。きちんとしたハンガーに掛けないとスーツにシワが出来たり形が崩れたりしてしまうからです。

ジャケットを掛けるハンガーは、丸みを帯びたある程度厚さのあるものを準備してください。肩先がちょっと前に曲がっている型が望ましいです。実はハンガーにもサイズがありますので、スーツの肩幅にフィットしたハンガーだとなお良いです。

素材はなんといっても木製が一番です。静電気も起きませんし湿気も吸い取ってくれます。ハンガーにお金をかけるのも・・と思うかもしれませんが、思っている以上に効果を発揮します。

パンツはパンツ専用のハンガーにかけてください。吊るタイプのもので裾を挟んで吊るすと、シワも伸び加減になります。

こちらも、木製のものをおすすめします。

ブラシの使い方の基本

スーツ着用後には、幾つものホコリが蓄積されています。ですので、必ずブラシを使ってブラッシングをして、見えるホコリはもちろん隠れたホコリまでとことんキレイにしましょう。

些細なホコリもそのままにして放置していると、繊維の中に入り込み虫食いを誘発させてしまいます。

ブラッシングのやり方ですが、まずスーツを簡単に叩いてホコリを浮かせた後、ジャケットは上から下に向かって順にブラッシングしていきます。

パンツは、上記したように裾を止めてぶら下げていると思いますので、裾の方からから腰へ向かってブラッシングしていきます。

襟の裏手や、ポケットの内側など目につかない箇所も忘れずにブラッシングしてください。

ブラッシング後は、風通しの良い場所で1日休ませるのがベストです。

理想を言えば1日着たら1日休ませるという風にすれば良いのですが、現実的にはなかなか難しいかもしれません。

ただ、何着かのスーツをローテーションしてきた方が圧倒的に長持ちします。

スーツのシワやパンツのラインを保つには?

シワの出来たスーツやセンターラインが消えかかったパンツなどは、みすぼらしいですし仕事が出来そうな印象は持たれないでしょう。

シワが出来たスーツは適切にケアしてください。

シワを手入れするのには、アイロンが良いのは当然なのですが、簡単ではありませんし面倒なのも事実です。ですので、アイロン以外に出来るスーツのシワ取り方法をお伝えします。

まずは、シャワーを浴びるときに浴室にスーツのジャケットを掛けておく方法です。もちろん直接シャワーがかからないように注意してください。

シャワー時の蒸気がスチームと同じ様な作用をして、自然にシワが伸びます。

注意点はジャケットだけということです。パンツは、センターラインも一緒に伸びてしまうので逆効果です。

この方法は、ただ掛けておくだけですので、お手軽度は満点です。

次の方法は、ハンガーにかけたスーツに霧吹き使って放っておく方法です。

約1時間くらい置くとけっこうシワは伸びます。この方法もお手軽ですが、水を掛けすぎないように注意してください。

ちなみに水でも良いのですが、専用のシワ取りスプレーならより効果が高いです。

ジャケットは上記の方法でシワが取れますが、パンツのセンターラインに関してはアイロンするのが一番です。

ジャケットをアイロンするよりは簡単だと思いますので、ぜひやってみてください。

ズボンプレッサーはお手軽ですが、往々にしてセンターラインが二重になったりしますので、あまりおすすめしません。

スーツの汗や臭い対策

汗をかく時期にはスーツに汗が染みこんだりしますので気になると思います。汗は何もせず放ってくと、カビの元になったり臭いの原因となったりします。

スーツのジャケットはそんなに頻繁にクリーニングに出すこともないでしょうから、汗が気になった日には、濡らしたタオルで叩くようにして汗を取ってください。

あまり強く押したり擦ったりすると生地を傷めますし、逆に汗を染みこませたりしてしまいます。

シーズンオフなどにクリーニングに出す際には、一般的なドライクリーニングではなくて汗抜きのクリーニングと伝えてください。ドライでは汗抜き効果がさほど期待できません。

臭いに関しては、上記したシャワーを浴びるときに浴室にスーツのジャケットを掛けておくシワ取りの方法が効果的です。

蒸気の湿気が汗や臭いを吸い込み、そのまま蒸発していきますので、乾いた時にはある程度の臭いが取れています。シワ取りと一石二鳥です。

まとめ

シワのあるスーツやセンターラインの消えかかったパンツ、汗で臭いのあるスーツなどは、仕事をする以前の問題です。

上記したとおり、それほど難しくないケアをこまめに実施するだけで、長持ちもしますしいつもビシッとしたスーツを着ることが出来ます。

ぜひ習慣化してください。

よく一緒に読まれてる記事は?


社会人のスーツ!知っていれば同期に差がつく身だしなみ講座

社会人になったら、それまで以上にスーツには気を使わなくてはいけません。 なぜなら、身だしなみから相手に見られる印象というのは、学生時代はあなた個人に対してのものでしたが、社会人ともなればあなたの身だし ...

女性のスーツ着こなしにマナー?マイナスイメージにならない社会人の身だしなみ

社会人になったビジネスウーマンにとって悩みの一つはスーツなどの身だしなみではないでしょうか。 仕事ですからもちろん派手すぎではダメですが、地味だったりセンスが今一歩という場合も、どちらも仕事上はマイナ ...

-身だしなみ
-,

Copyright© [ビジザル] , 2019 All Rights Reserved.