身だしなみ

ビジネスカジュアルは靴がポイント!?清潔感をだすコーディネイトの基本

投稿日:

スーツ着用が当たり前の会社は多いでしょうが、最近のオフィスではスーツにこだわらないという会社も目立ってきました。

確かに、直接お客様や取引先と接する仕事ではなく、パソコン操作や各種管理などではスーツでない方が仕事がしやすいでしょうし、そんなに固くない会社なら総務や経理などの部門でも私服での勤務やビジネスカジュアルでの通勤でOKというところも増えています。

ビジネスカジュアルは、「ビジカジ」という風にも言われていて、 大まかに言えば仕事する上でのカジュアルスタイルということになります。

スーツ着用の会社員からすると堅苦しくなくてうらやましく思えるかもしれませんが、逆にどういった服装をすれば良いのか難しい面も出てきます。

以下に、ビジネスカジュアルの定義やポイント、またこれをやったらNGなどを説明しますので、参考にして周りに好かれるビジカジをマスターしてください。

ビジネスカジュアルとはどんなスタイル?

ビジネスカジュアルとはどんなスタイル?と聞かれても、実は明確な答えがなくきっちりと定義されているわけではないというのが実態です。

ただし、あくまでも仕事ですからジーンズにTシャツというわけにはいかないのは理解できると思います。上下揃いのスーツよりはラフな感じで、オフのカジュアルよりはきちんとしている、というのがビジネスカジュアルと言えるのではないかと思います。

基本的にビジネスカジュアルにならない組み合わせは、上下揃いのスーツの片方を使用した組み合わせです。スーツのジャケットを着て違うパンツを履くとか、スーツのパンツを履いてラフなジャケットを着るとかです。これは100%ちぐはぐなオシャレ度がゼロのスタイルになってしまいます。

鉄板のベーシックなビジネスカジュアルは、テーラードジャケット(上下揃いのものではない)とセンターラインにきちっと折り目のあるパンツです。パンツにセンターラインのない、いわゆるチノパンのようになるとカジュアル度が上がります。

ビジネスカジュアルといっても、どの程度までOKなのかはその会社にもよります。暗黙の了解という会社も多いです。一番良いのは先輩のスタイルを参考にすることでしょう。

靴も大事です。フォーマルなタイプの靴ではカジュアルにならないですし、かといってスニーカーでは崩しすぎでしょう。

革靴が基本ですが、ダブルベルトやモンクストラップ、スリッポンなどがおすすめです。ビジネスカジュアルが認められている会社なら、靴の色も黒以外の薄めの茶系などがオシャレです。

ジャケットは、スーツのジャケットよりも短めでスリムなタイプがオシャレです。また、安っぽく見えるペラペラなジャケットではなくて、ウールの素材など高級感があるものを選んだ方が良いです。ペラペラジャケットでは、あなたが安っぽく見られてしまいます。

シャツもスーツ売り場ではないショップで購入してください。スーツ売り場で販売されているシャツは、あくまでもスーツに合わせたワイシャツです。

ネクタイをする際にも、チェックのシャツにニットのタイなどにすると、ビジネスカジュアルとしてはバッチリです。

女性は、パンプスを決めてそれに合わせてシャツやジャケット、パンツやスカートを決めていく方法が良いでしょう。それだけでビジネスカジュアルなスタイルが出来ると思います。

スカートの丈がひざくらいのものを選んだら、逆にトップスの露出を控えめにしてください。スカーフをワンポイントにするのも良いと思います。

ビジネスカジュアルのポイント

ビジネスカジュアルで出勤する際のポイントですが、これは清潔感につきます!

スーツと比較すると、ビジネスカジュアルはラフファッション感が強くなりますから「清潔感」をベースに考えるのは当然です。

カジュアルな洋服で仕事をしてもOKというのは、 ビジネスでもかしこまらずに仕事の能率が上がるようにという狙いがあります。しかし、いくらカジュアルで実用性や着心地が良いとしても、だぼっとしていたりシワシワ感があると、だらしないとか仕事が出来なそうに見えるということもありますから気をつけてください。

あなたの仕事がやりやすいとかオシャレでかっこいいからという理由だけでコーディネートするのではなくて、お客様や同僚などからのイメージという点も考慮することが重要です。

ビジネスカジュアルのNG

いくらカジュアルでの出勤が認められていても、さすがにこれはダメでしょうというNGはあります。

まずは、ジーンズ、ノベルティTシャツやキャラクターTシャツ、スポーツウエア、キャミソールなどです。

女性の場合は、2箇所以上の露出もNGです。胸元や腕、足などの露出がある場合は1箇所のみにしてください。露出の多いスタイルは仕事ではなくて遊びの範疇です。

また、アクセサリーにも注意が必要です。必要以上に大きかったりチャラチャラと音がするものとか、光りすぎるっものなども避けた方が良いでしょう。

まとめ

最近は、スーツではなくカジュアルな服装で仕事が出来る会社も多くなりました。クールビズなどもありますし・・。しかし、とにかく仕事をするということを忘れてはいけません。

スーツのようなきちんとした服装の方が、男女ともに楽かもしれません。ビジネスカジュアルはコーディネートが難しいのが現実でしょう。ファッションセンスが問われるかもしれません。

でも、仕事上でも見た目は重要です。上記したように、清潔感をべーシックに考えて、少しずつアイテムを増やしていってください。

よく一緒に読まれてる記事は?


【社会人の靴】足元は好感度に響く?失敗しないビジネスシューズの選び方

靴を見るとその人物の人となりが分かる、などという話を聞いたことはありませんか?足元は自分の想像以上に見られています。 男性でも女性でも、スーツはバッチリとキメているのに汚れた靴やボロボロの靴などを履い ...

ビジネスマンは小物をおしゃれに!カバン、名刺入れ、時計の選び方

スーツやネクタイは完璧にキメたのに、カバンや時計などのアイテムがヨレヨレのものだったりセンスのないものだったりすると、相手からは好印象を持たれません。 かといって、あまりにも個性的なアイテムで遊び心を ...

-身だしなみ
-, ,

Copyright© [ビジザル] , 2019 All Rights Reserved.