ビジネス会話

ビジネスでの話し方!相手の興味をいかに引くかを考えるのがコツ

投稿日:

ビジネスでの話し方は、相手の興味や関心をいかに引くかを考えることにつきます。

家族や友人ととりとめもなく話をしているわけではありませんので、そこに必ず目的と到達点がなければいけないからです。

また、複数の相手のケースだと決定権を持つ一番影響力の強い人を意識して話さなければなりません。

話し方と言っても、まずは人間関係の把握模しておかなければなりませんね。

ビジネスでの話し方を完全にマスターしなければ、そもそも仕事が成り立ちません。

ビジネスでの話し方の基本をお伝えしますので、しっかりマスターしましょう。

ビジネスでの話し方で重要なこと

ビジネスでの話し方ですから、ダラダラととりとめのない会話になってしまうなどはもってのほかですが、やはりここだけは押さえておきたい重要なことがあります。

基本的に絶対に押さえて起きた重要な点

ビジネスでの話し方で重要な点は、

  1. 最も伝えるべきことは
  2. 誰に対して話しているのか
  3. 何を伝えたいのか

これらの点を明らかにしておくことです。

前もってこういったポイントを整理し書き出しておきましょう。

また、相手も忙しいでしすべての人が友好的に話を聞いてくれるとは限りません。

最後まで話せないことも多いでしょうから起承転結にこだわらないことは大切です。

結論とかメリットなどをスタートから表現することで、取引先やお客様の関心を強力に引き寄せられます。

その後に詳細に進んでいくという流れがスタンダードです。

会話の際には、顔の表情や声のボリューム、口調、スピード等にも十分配慮するようにします。

普段から、シチュエーションや目的によって効果的に見える話し方や伝わる方法を考察しておきましよう。

NGな話し方

不作法のないようにという気持ちが必要以上にあるからなのでしようが、ダラダラと要領を得ない話し方をする方を時々見かめます。

これがビジネス上での話し方で最もNGなことです。

聞いてる方でも何を言わんとするのかが理解できず、イライラ感を募らせるだけになってします。

長い前置きなどは不要です。まずはズバッと結論を述べて、その後にその理由や補足などをする順番で話しましょう。

そのためには、事前に内容をわかりやすくまとめ、頭の中にキチンと入れておくことが大事です。

OKな話し方

「つかみはOK」という言葉がテレビなどで良く聞きますがが、これはビジネスでも大切です。

最初にシンプルなでわかりやすいキーワードを発し、「それって何?」と興味を引くという話し方はなかなか良い話し方です。

興味を引かせてから、「実は○○○です」と結論を述べ、その流れで詳細に移るというのが理想です。

結論が冒頭で聞ければ、その後の理解も進みます。

話し方を上手にマスターしよう!

上手な話し方をマスターするためには、話す前に6W2Hをまとめて整理しておくことです。

話し方を学んで上手になると言うよりも、上手に話せる方法(段取り)を整えることを覚えるのが重要です。

6W2Hとは「When」「Where」「Who」「What」「Whom」「Why」「How」「How Much」で、「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「だれに」「なぜ」「どのように」「いくらで」ということです。

この6W2Hを整理し、要点を頭の中でまとめて話しをします。

中でも大事な点をお伝えします。

誰に話すのか

ビジネスの席では、話を進める前の段階として、誰がどの立場で決定権は誰にあるのか?をキチンと把握しておかなければなりません。

数人の取引先の人がいる現場での商談でも、普段から親しくしている担当者へ一生懸命話しても、決定権は上司にあるでしょう。

社内のプレゼンでも、同僚や後輩に向けて話しても、最終的には上司や役員のOKをもらわなければ案件は進みません。

筋違いの人に熱く話しても何にもなりませんから、誰に向けて話をするのかはキチンと見極めてください。

内容は簡潔で明瞭に

ビジネスでの話し方の基本は、ダラダラせずに簡単明瞭なことです。

話す内容の注目点、セールスポイント、メリットなどを事前に書き出して頭の中で整理しておくことは最重要です。

会話が好きな人でも、ビジネス会話は苦手と言うことも多いです。なぜでしょう?それは、普段の会話にはありませんが、ビジネス会話には明確な目的があるということです。

目的を達成するという意図を持ちながら会話するのは意外と難しいものです。

起承転結にこだわらず、簡単明瞭な言葉で興味を引くことを意識してください。

準備の重要性

話の内容が良かったか悪かったか?わかりやすかったかわかりにくかったか?などの結果は相手が決めます。

あなたは上手に話した感覚でも、相手にキチンと伝わらなければ失敗です。

相手に内容をよく理解してもらうためには準備が大切です。

準備とは、相手を分析することです。人数や役職は当然ですが、決定権を持つのは誰か、聞きたがっている内容は、など可能な限り情報を集めます。

集めた情報を元に、相手の知りたいことと、あなたがアピールしたいことをうまくミックスして、話す順番や内容を整理しておくことが大切です。

作戦を立てて準備をしておかないと、うまく話せませんしうまく伝わりません。

ビジネスでの話し方の上達法と緊張しないで話せる方法

ビジネスでの話し方をマスターするためには、結局は練習をし場数を踏んで慣れるしかありません。

ここではビジネスでの話し方が上達するための考え方や緊張しない方法などをお伝えしますので参考にしてください。

ビジネス会話の唯一の上達法

ビジネスでの話し方に限らず何事もそうですが、上達するためには練習するしかありません。

テレビで見る芸能人やアナウンサーでも、話し方を毎日のように練習しています。プロではない私たちも負けずに練習するしかありません。

ただし、あなたの目的はビジネスにおいて商談を成立させたり、プレゼンを成功させたりすることが目的ですから、話し方を練習すれば良いというものではありません。

練習の際にも、常に「何のために話すのか」という目的をハッキリさせ、それを相手にどう伝えるのかと言うことを意識しながら練習しなければいけません。

話の目的、相手のメリット、伝え方などを頭の中で構成しながら話す練習しましょう。

緊張で話せなくなる原因

いくら練習を積んでも、緊張で上手に話せなくなる人も多いです。

緊張で話せなくなる原因は、主に以下の3つがあります。

  • 話せる内容を十分保有していない内容的要因
  • 効果を期待しすぎや相手に劣等感を持っている心理的要因
  • 話に自信が持てないときや適切な話し方を知らない方法的要因

これらの原因の中で、自分に最も影響を与えているのはどれかを考えて、解決法を考えると良いでしょう。

ただし、全く緊張しないという人の方が少ないです。

緊張しつつもがむしゃらになって本気で話している姿が相手の心を打つこともあります。

いずれにしても自分に自信が持てるように、普段から練習しておくのが緊張を取り除く最善の方法です。

身につければ最高のスキルになるのが会話術

ビジネススキルというのはいろいろありますが、その中でも身につきさえすれば最高のスキルになると言えるのが会話術です。

極端に言えば、転職しても大丈夫と言うことになります。一生使えるスキルと言うことですね。

マスターして自在に使いこなせるようになるには多少時間がかかるかもしれませんが、日々の仕事の中で実践しながら練習を積み、頑張ってスキルを上げていってください。

この会話術のスキルが身につけば、最上のビジネスマンになれることでしょう。

まとめ

ビジネスでの話し方の基本は「何を」「誰に」「目的」ということになります。

言うのは簡単ですが慣れるのには時間がかかるでしょう。

しかし、慣れてしまえば最高のビジネススキルです。

失敗しても良いですから実践を踏んで最高のビジネススキルを身につけてください。

-ビジネス会話
-, ,

Copyright© [ビジザル] , 2019 All Rights Reserved.