自分の強みを見つける!本当の「チカラ」が120%発揮できる仕事を知る方法

「自分の強みを活かして、天職とも言える仕事で充実した毎日を送れたら…。」

本来のチカラを発揮しながら仕事ができることほど幸せなことはありませんよね。

しかし現実には、自分の持つ本当の強みがどのようなものかわからず、なんとなく今の仕事をしているという方も少なくありません。

自分本来の実力を発揮したい、もっと充実した毎日を送りたいという方は今回の記事を参考に、まずは自分の強みを見つけることから人生を変えていきましょう。

自分の強みを見つける3つの方法

自分が持つチカラを充分に発揮させるためには、まずご自分の強みを見つけることが最も重要です。

しかし、自分自身のことを客観的に見るのは難しいこと。

そこで次のような3つの方法を試してみてください。

過去に「褒められたこと・驚かれたこと」を探る

自分自身を客観的に判断することはなかなかできません。

そこでおすすめなのが、過去に褒められたことや、驚かれたことを思い出してリストアップしていくことです。

自分では「できて当たり前」と思っていることでも、周囲の人からは驚くべき強みに映っていることも。

たとえば、遊びに来た友人に食事を作ってあげたらとてもおいしいと驚かれた、さり気なくしたことで「本当に気が利くよね」と褒められた…などどのようなことでも構いません。

周囲の人から褒められたり驚かれたりしたことは、あなたも気づいていないかもしれない「あなた自身の強み」です。

短所を洗い出して捉え方を変える

「自分を客観的に見ようとすると短所ばかり思いつく」という方もいることでしょう。

短所しか見つけられなければ、短所を長所と変換して考えてみてください。

長所と短所は紙一重。自分では短所だと思っていても、裏を返せば長所になることは多いものです。

「頑固で意見を曲げられない」という短所は「自分の考えに自信を持っていて信念を貫ける」という長所に、「落ち着きがない」という短所は「活動的で即行動できる」という長所になります。

短所を長所に変換していくと、意外なほど多くの強みが見つかるはずです。

客観的に分析してくれるツールを使う

自分自身を客観的に見つめたいときに活躍してくれるのが「分析ツール」です。

人はどうしても主観性を交えて考えてしまいますが、ツールを使えば客観的にあなたの強みを判断してくれます。

強みを見つけツール1:ストレングスファインダー(有料)

自分の強みを見つけるツールとして有名なのが、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本に付属するウェブテスト「ストレングスファインダー」です。

質問に回答すると、データベースとの比較であなたの強みをレポートとして提示してくれます。

もちろん、本の内容も「強みを見つけること」に特化しており、見つけた強みを活かす行動も記述されているので自己啓発本としても活用可能です。

こんな人におすすめ

・自分の資質を知りたい
・有料でも大丈夫

注意

ストレングファインダーを受けるコードは1冊につき1度しか使えないので、中古だと使用できない可能性があります。

 

強みを見つけツール2:グッドポイント診断(無料)

 

自分の強みをそのまま仕事に活かしたいという方やネットですぐに強みを知りたい方には、「グッドポイント診断」がおすすめ。

「グッドポイント診断」はリクナビネクストが提供する分析ツールで、無料で利用できるため手軽に強みを知りたいという方に最適。診断結果を求人応募に添付することもできます。

応募企業に自分の強みを知ってもらえれば、あなたに最適な仕事を与えてくれるはず。

履歴書やレジュメでは表現できない「自分のチカラ」を企業に伝えられるので、転職活動もより有利に進むようになります。

こんな人におすすめ

・「無料」で自分の強みを知りたい
・「すぐ」に自分の強みを知りたい
・根拠に基づいたクオリティの高い診断が受けたい

 

自己分析ってどうして必要なの?

転職・就職活動でよく耳にする言葉が「自己分析」です。

自己分析は自分の強みを見つけるためにも必要ですが、転職・就職活動においては次のように、強みを発見する以上の効果をもたらすため実施するべきだと言われます。

自分の「チカラ」が発揮できる仕事が見えてくる

転職・就職活動で自己分析が重要だとされている理由は、実施することで自分のチカラを発揮できる仕事が見えてくるためです。

あなた自身に多くのチカラがあっても、そのチカラを発揮できる場がなければ日の目を見ることはありません。

「自分自身の持つチカラ」と「チカラを発揮できる仕事」を自己分析で発見することは、あなた自身が輝ける仕事と出会うために必要不可欠だと言えます。

自己PRを作ることができる

自己分析は自己PRの作成にも役立ちます。

自己PRとは「自分の強みをアピールするもの」なので、分析で自分自身を深く掘り下げて知ることでより説得力のあるPRができるようになり、面接者の記憶に残りやすい人材になれるでしょう。

強みは単語でなくても良い

自己PRと言えば「真面目」「誠実」「責任感がある」「協調性がある」など、短めの単語で表現されるイメージがありますが、単語ではなく文章で説明しても構いません。

たとえば、「多くの人とチームを組んで仕事をするときに、相反する考えを持つ人の意見をまとめ妥当な着地点を見出すことが得意です」など、説明するように記載するとより強みが伝わりやすいこともあります。

ケースバイケースで伝わりやすい表現法を選びましょう。

見つけた強みを具体的に掘り下げる

効果的な自己PRを作るためには、あなたの持つ強みを具体的に掘り下げることも大切です。

具体例として「責任感が強い」という強みがあるなら、「どのように責任感を発揮するタイプか」と考えてみてください。

  • 目標に向かって計画を立て、計画通りに仕事を進められる
  • 仕事に支障がでないよう自己管理を徹底できる
  • 完成度の高い仕事をするため尽力できる
  • クレームにも誠心誠意で対応できる

一言で「責任感が強い」と言ってもタイプはさまざま。自分の強みを掘り下げていくと、自分自身のことがより詳細にわかってくるはずです。

強みの中から求められる資質に合うものを選ぶ

自己PRを作るときのポイントは、強みの中から企業が求める資質に合うものを選ぶことです。

企業が求める人材像に合う強みをアピールできれば、採用される確率は一気に高まります。

事務作業であれば正確さやスピード、販売員であれば笑顔や明るさ、コミュニケーション能力の高さが求められるもの。

応募先の業務を考え、求められる資質に合う強みをアピールしましょう。

自分の強みがわからないのは理由がある

自己分析をしても「自分の強みがわからない…」という方もいることでしょう。その一方で、自分の強みを知っていて上手にアピールできる方も多くいます。

もしご自身の強みがわからないなら、次の2つのポイントを意識してもう一度考えてみてください。

自分を客観視できていない

自分の強みがわからない最大の理由は、自分自身を客観視できないことにあります。

客観性と主観性の強さは思考の使い方により変わりますが、他人の視点から見た「あなた」を客観的に分析できないと、自分の強みは見えてきません。

自分自身への理解を深めていくと同時に、他者の視点から自分自身を見つめることにより、あなた自身が持つ本当の強みが見えてくるはずです。

強みとはズバ抜けた才能のことだと勘違いしている

ご自身を客観視できる人の中にも、自分の強みがわからないという方はいます。

もしかしたら強みを「誰もが持ち得るものではない特別な才能」だと勘違いしているのかもしれません。

もちろん特別な才能があれば強みになりますが、他の人よりもほんの僅かに秀でているだけでも良いのです。

「才能」ではなく「長所」「良い面」と考えれば、あなたのアピールポイントはたくさん見つかるでしょう。

「自分の強み」を見つけて「活かせる場所」へ

「自分の強み」と「活かせる場所」が見つかれば、日々の仕事はあなた自身が輝ける特別な場所になります。

今の仕事では実力を活かしきれていないような気がする、本当に向いているのかわからない、なんとなく物足りない…。

そんな思いを抱いているなら、まずは自己分析を行ってあなた自身の強みを見つけることから始めましょう。

ただし、完全な客観的視点で自分自身を見つめることは簡単ではありません。

より正確に強みを発見し、天職とも言える仕事とめぐり逢いたいと考えているなら、無料で利用できる「グッドポイント診断」で客観的な診断を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

\気づいていない「強み」を発見!/

「無料」でグッドポイント診断を受けてみる

 

© 2021 [ビジザル]