ビジネス用語

「フェーズ」の意味や性質を理解しよう!進捗管理に欠かせない重要ワード!

プロジェクトや工程管理において、必須ワードとなっているのがフェーズです。

意味は知らなくとも第1フェーズ、第2フェーズなどといった言い回しには馴染みがあるでしょう。

なんとなく進捗に関するキーワードなのだろう、とは察しがつきますよね。

ステップやプロセスといった関連語も交えながら、詳しく解説していきます。

ビジネスにおけるフェーズはどんな意味?

フェーズはビジネスシーンの頻出ワードです。

最初にビジネスにおける意味用法を確認しておきましょう。

英語「phase」の意味は「段階」「局面」のこと

フェーズは英単語“phase”に由来するカタカナ語。“phase”は日本語で、段階や局面という意味を表します。

ビジネスシーンでは過程の「一区切り」を指す

ビジネスシーンでフェーズという場合、仕事の過程における一区切りを指します。

いくつかの区切りが存在する前提で表現するため、ボリュームのある仕事に使うケースが多いといえるでしょう。

フェーズは略して「ph」で使える

ビジネスシーンにおいては、フェーズを「ph」と略しても構いません。

話し言葉としてphを使うことは一般的ではないので、テキスト表記の用法がメインです。

単独でphというとわかりづらいため、ph1やph2といったようにフェーズの数字を付すとよいでしょう。

フェーズとフェイズ、意味や使い方に違いはある?

フェーズのほかに、「フェイズ」と発音したり表記したりする事例がありますよね。

フェーズとフェイズ、意味や用法に違いはあるのでしょうか。

結論からいうと、違いはありません。どちらも“phase”のカタカナ語だからです。

英語圏での発音に倣うと、本来はフェイズという方が近いことがわかっています。

とはいえ現時点での表記や発音は「フェーズ」が一般的なので、準拠するのが妥当でしょう。

フェーズの使い方を例文と一緒にチェック

フェーズを使う場面はワンパターンではありません。

具体的な用法を例文付きで紹介します。

フェーズを段階で使う場合

フェーズには段階という意味があります。

特にビジネスシーンでは、スケジュールに合わせて段階を設定するのがセオリーです。

例文

予定よりも2日早いペースで第2フェーズに到達した。

フェーズを番号と合わせて使う場合

フェーズを使う際には番号を付けて運用するのが一般的です。

先述のph表記を利用し、テキスト表記の際にはph1・ph2などと記述してもよいでしょう。

例文

当社では製造の工程と進捗をフェーズ管理表にまとめている。ph1、ph2というのはフェーズ1、フェーズ2という意味だ。

フェーズが変わる

フェーズを局面と捉える用法もありますよね。

局面から転じて、「ステージ」と同じ使い方をする場合があります。

フェーズが変わるという場合は新しい局面を迎えるという意味か、もしくは新しいステージに行くという意味ですね。

例文

株式上場を果たし、株価を公開しつつ営業することになった。会社の歴史上、フェーズが変わった瞬間である。

フェーズに入る

フェーズに入るとは、工程上の新たなフェーズに入るということです。

例えばph1を終了させたら、続いてph2に入るのが自然ですよね。

例文

ph1の作業が難航しており、ph2に入ることができない。納期にも支障が出そうだ。

フェーズが使われる様々なシーンをチェック

フェーズの意味用法は分野によって異なります。

代表的な分野の例を紹介します。

医療現場でのフェーズの意味

医療現場でのフェーズは、主に治験における試験の段階や区切りを指します。

建築現場でのフェーズの意味

建築現場でのフェーズは、建築作業における工程の区切りを指します。

例えば設計フェーズ、施工フェーズなどといった具合で、現場における主要な作業状況を把握するのに有用です。

システム関連でのフェーズの意味

IT業界では、主にシステム開発においてフェーズを使います。

開発作業における主要な工程を、フェーズで区切るというわけです。

例えば要件定義フェーズ、設計フェーズ、単体テストフェーズといった具合ですね。

主要な作業工程を区切るという意味では、建築現場のフェーズと同じといえるでしょう。

ゲームでのフェーズの意味

ゲームの分野におけるフェーズは、主に局面という意味。

複数の局面に対応しながら進行するゲームの場合、それぞれの局面をフェーズと呼んでいます。

例えば戦略ゲームは戦闘だけで進行するわけではありません。

内政、人材登用といった非戦闘の要素もふんだんにあります。

戦略ゲームのケースを簡単にまとめると、戦闘フェーズと非戦闘フェーズに分かれるというわけですね。

ラグビーでのフェーズの意味

ラグビーにおけるフェーズは少し特殊で、連続して攻撃している回数を指します。

ボールをキープしたまま攻撃をしかける際、タックルを受けるとボールがストップしますよね。

ストップしている間、ボールを奪おうとして敵味方が入り乱れた密集状態(ラック)が形成されます。

ラックからボールを出し、攻撃を開始するとフェーズが1回分加算されることになります。

簡単にまとめると、ラックからボールを出し続けた回数がフェーズというわけですね。

フェーズの関連語をチェック

関連語として、フェーズとの組み合わせによるフレーズを紹介します。

最終フェーズ

最終フェーズとは最終局面や最終段階のこと。

主としてプロジェクトの仕上げ段階や、臨床試験における治験の最終区分などに使われます。

担当フェーズ

担当フェーズとは、主にシステムエンジニアがシステム開発において担当する作業内容のことです。

システム開発の工程はいくつかのフェーズに区分されます。

一気通貫で全てのフェーズを担当する場合もあれば、一部のフェーズのみ請け負う場合もあるでしょう。

担当フェーズという場合は、自分が引き受けた区分のフェーズを指すわけですね。

フェーズゲート

フェーズゲートとは、各フェーズにおけるチェックポイントのことです。

関所と言い換えてもよいでしょう。

フェーズが終局に差しかかった場合、「作業を終えたらすぐさま次のフェーズに移る」というわけにはいきません。

フェーズゲートに到達したら全体の作業を振り返り、再評価するのです。

問題なければ次のフェーズに進みますが、状況によってはプロジェクトの内容を変更したり、中止したりといった判断につながる場合もあります。

アクティブフェーズ(パッシブフェーズ)

アクティブフェーズは、作家の海堂尊氏による造語です。

海堂氏の人気作、通称「田口・白鳥シリーズ」では情報収集のために人間の心理をついたテクニックを使用します。

中でも有名なのがアクティブフェーズで、挑発的に発言し相手の核心を突くことによって、心理面の揺さぶりをかけるというアプローチです。

反対に、相手に調子を合わせて同意しながら情報を引き出したり、説得したりするアプローチがパッシブフェーズに当たります。

フェーズドアレイレーダー

フェーズドアレイレーダーとはフェーズドアレイという位相走査方式を採用したレーダーのことです。

従来の一般的な3次元レーダーは、周波数を変化させてビームを走査する方式でした。

一方、フェーズドアレイ方式では各アンテナ素子に移相器を接続し、位相そのものを制御することが可能になったのです。

フェーズドアレイレーダーは各国の軍艦や空母に搭載されているほか、日本でも気象庁が実用に向けて研究を進めています。

フェーズの類語や同義語まとめ

フェーズの類語や同義語をチェックしてみましょう。類語の微妙なニュアンスの違いにも要注目です。

フェーズとステップ

ステップはフェーズとよく比較される言葉の1つ。階段などの一段・段階を指します。

フェーズにも段階という和訳があるため、今ひとつ違いがわかりづらいですよね。

他の和訳をみてみましょう。

フェーズには段階のほかに、区分や局面という意味がありますよね。

一方、ステップの意味は「段階」に限られます。

つまり、対象のスケールが異なると考えればよいでしょう。

フェーズは段階も内包する一方、区分や局面というもっと大きな単位をカバーしているということですね。

フェーズとプロセス

プロセスもフェーズとの違いがわかりづらい言葉ですよね。

簡単に理解する方法をお伝えしましょう。

プロセスの原型といえば、英語の“process”です。

“process”は“proceed”の名詞形です。

「進行」や「進む」という意味が根底にあることがわかります。

性質をつかんだら理解したも同然。スケジュールに関する話題だと、確かに進行や進捗という意味でフェーズとも関係しますよね。

一方、プロセスには段階や区分といった意味はありません。

ともに関係性は高いものの、同義の言葉ではないということですね。

フェーズを日本語で言い換えると?

フェーズは日本語で区分、局面、段階という意味です。

カバーする範囲が広いため、状況によってはステージや工程などという方が相応しい場合もあるかもしれません。

状況に応じて適切な和訳を当てはめるべきですが、まずは基本の意味を押さえるのが肝心です。

まとめ


プロジェクトのように進捗管理が必要な仕事では、カタカナ語が沢山使われます。

タスク、プロセス、マイルストーンなどいくつも思いつくでしょう。

いずれも少しずつ関係があり、かつ全く不要な言葉などありません。

単純に和訳を当てはめるだけでなく、言葉の性質や用法まで踏み込んでこそ運用できるのです。

フェーズを適切に使いこなすためにも、さっそく自身でフェーズゲートを設定し、自己チェックしてみることをオススメします。

-ビジネス用語

Copyright© [ビジザル] , 2020 All Rights Reserved.