携帯電話のビジネスマナー

携帯の通話が切れる?!突然会話の途中で切れたときの対処法

更新日:

携帯電話(スマホ)で通話中に、突然電話が切れてしまった経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

さほど重要な会話でないときにはバッチリ通話できているのに、かなり大切な要件で電話しているときに限って電話が切れたりするものです。

もちろんその場合はかけた方から再度電話するのがマナーですが、そのほかにも気をつけて対処しなければいけないことがありますので、マスターしておいてください。

自分から速やかにかけ直すのが基本

携帯電話(スマホ)での会話の最中に、突発的に電話が切れたという経験をしたことはありませんか?それが重要な取引先だったりするとちょっと焦ります。しかも、そういうときに限って電話が切れるのがよくある話なんです。

一般的な場合だったら、突然電話が切れたケースでは、電話をかけた方からかけ直すのか基本的ルールです。

しかし、重要な得意先のお客様だったり目上の人に関しては、相手側の都合で突然切れたケースであっても、「申し訳ございませんでした。電話が急に途中で切れてしまいました。失礼いたしました」と、自分からかけ直した方が良いでしょう。

中でも、特に若手社員だったら、理由などを問わずにこちらから意識的にかけ直したほうか間違いないでしょう。

ところが、取引先の相手がが携帯電話(スマホ)だったケースでは、自分からすぐさまかけ直せるとは言い切れません。

それは、相手側の都合で通話圏外で電話をしていたり、もしかするとバッテリーが切れたという場面も想定されます。

このように、どちらにも直接原因があるわけではなくても、携帯電話自体が原因で通話が切れてしまった要素が強いからです。こればかりはどうしようもありません。

自分から電話を入れても取引先に繋がらない状況では、相手側からかかってくるのを待っしか方法がないです。

もしあなたが会社内にいたのであれば、電話が切れた相手の取引先からの電話を必ず自分が取ると言うわけにはいきません。

社内の周りに人たちに、現状を話しておいた方が混乱はないでしょう。取引先から折り返し電話があれば、すぐにあなたに電話をつないでもらえるようにお願いをしておくのはけっこう大事です。

電話が突然切れてしまった相手から、再度電話がきた際には、まずは 「すぐに折り返せなくて、すいませんでした」と真摯に謝罪するのが不可欠です。

そもそも緊急事態に備えておく

現代社会では、会社の固定電話で取引先と仕事の話をするよりも、携帯電話(スマホ)で連絡を取り合うことが多くなっていると思います。

多くなっていると言うよりも、営業ならほとんどが携帯電話になっているかもしれません。

外出先で電話することも多いでしょうし、外出先で電話を取ることも多くなっていると思います。

社内ではデスクに必ずメモや筆記用具はあるでしょうが、同じように外出先でもすぐにメモをとれるような準備は必要です。

電話で話している相手が、顔も名前も一致する親しい取引先ならいざ知らず、取引が浅かったり初めての相手だったりすることもあります。

また、会社名だけで個人の名前を聞き漏らすというようなケースも出てくるでしょう。

そんなときに突然電話が切れたらどうしますか?

誰にかけ直すかが分からないという状況に陥るのは、ビジネスマンとして失格です。

出先でも、常にメモできる状態にしておくとか、社名だけだったら名前も確認しておくとかは最低限しておかなければなりません。

そうそう突然電話が切れることはないでしょうが、切れたときに限って重要な内容だったり相手が特定できなかったりするのも世の常です。

まずは、いつでも緊急事態を想定して準備をしておくことからやっておきましょう。

電波状況が悪そうなところでは電話しない

どうもこのあたりは電波状況が悪そうだとか、以前通話が切れてしまったことがあるという場所がありますよね。

そもそも論ですが、そういった場所では電話するのはもちろんダメですが、電話が来たときにもすぐに移動して話を進めましょう。

どう考えてもその場所は良くないというところでは電話をしないのが基本です。

それは、電波だけでなく騒音が大きな場所などでも同じことですから、電話をかけたり受信したりする際には、十分気をつけてください。

まとめ

携帯電話(スマホ)が普及したことで、仕事がスムーズになったのは事実ですが、突然電話が切れるということは少なくない事象です。

まずはかけた方からかけ直すのが基本ですが、こちらが受け手だった場合にも、あなたが若手だったり相手が目上の方でしたら、こちらからかけ直してください。

こちらのせいではなくても「突然に電話が切れてしまって変申し訳ございません」と軽く謝りの言葉を入れておけば、ビジネスもスムーズに進むでしょうし、あなたの株も上がります。

-携帯電話のビジネスマナー
-, ,

Copyright© [ビジザル] , 2019 All Rights Reserved.